早いもので9月になりました。

シンガポールでも、ここのところ雨がよく降ります。
今日もどんより曇り空で夕方からはずっと雨が降っています。

シンガポールは雨が多く気温も高いので植物が良く育ちます。
街路樹もどんどん成長するので、頻繁に剪定もしています。

そんな大きく成長する南国の緑に囲まれての結婚式も
シンガポールウエディングの魅力です。

中でも緑に囲まれたラッフルズホテルの中庭での結婚式が
お客様にはとても人気があります。

7月の海の日に結婚式をされたS様ご夫妻もその中の一組です。
お二人は長年こちらにお住まいになっておりますので
招待客も100名近くの、日本人のお客様としは大きな規模の挙式です。
大好きな海とお父様の誕生日と、そしてお仕事関係の記念の日である
この日を選んでの結婚式でした。

素敵なガーデンウエディングを思い描いてこの会場を選ばれた
新婦のR様は、特にお天気を心配されてきました。

ところが、無情にも結婚式の1時間前になって
雨がザ〜ッと降ってきてしまったのです。
外にセッティングされた椅子やレッドカーペットも
ホテルスタッフにより撤収されました。

いつもなら、1時間前のお天気で屋内挙式にするかどうかの
決断をしなければなりませんが、R様の「外への想い」が強いことを確認し、
どうしても外での挙式を決行せねば、と決断を引き延ばしていました。
挙式の30分前になり、お客様が続々とお越しにっています。。。
決めなければなりません。

小雨になっていたので、新郎新婦の強いご希望と
ご参列のお客様のご好意で、このまま外で決行することを決断し、
もう一度椅子やレッドカーペットの準備をしました。

そして、入場。
072001




やや雨はぱらついていたものの
先ほどまでの土砂降りがウソのように
明るい陽射しも出てきました。

そして、式の途中には雨も止み、
結婚式も滞りなくめでたくおひらきとなりました。
072002








雨にハラハラさせられた挙式は、これまでに何度かありますが
お陰さまでこんなふうに、いつも乗り越えてきました。

場所を変更しなければならない事態にならずに済んでいるのは、
新郎新婦の強い想いが
天の神様に届いているからかもしれませんね。
これからも、宜しくお願いしますネ。

瑠美子ウエディングのホームページへ